TOPページ > トラネキサム酸でそばかす対策 > トラネキサム酸のしみ(肝斑)・そばかす効果

トラネキサム酸のしみ(肝斑)・そばかす効果

トラネキサム酸は、炎症の沈静と止血の作用がありますが、他にもメラニン色素の生成を抑える作用があり、肝斑(かんぱん)の解消に非常に効果があります。

肝斑ができるは一般的なしみやそばかすのように紫外線が原因でできるのではなく、ホルモンバランスの乱れが原因でできます。

ホルモンが乱れたことによって、プラスミンという物質が分泌され、それがメラニン色素を作り出すメラノサイトの働きが活性化させてしまうため、メラニン色素が大量に作り出されるのです。

トラネキサム酸は、そのプラスミンの分泌を抑える働きがあるので、メラニン色素がそれ以上作られなくなり、肝斑もだんだん薄くなってきて、目立たなくなってくるというわけです。

トラネキサム酸は、このようにして肝斑を消してくれるのですが、皮膚科などではトラネキサム酸を外用薬と内服薬として処方するところが多いようです。
体の外側だけではなく、内側からもトラネキサム酸が働きますので、より高い効果を得ることができるそうです。

 

▲サイトトップへ戻る

シミ そばかす 対策 化粧品編