TOPページ > トラネキサム酸でそばかす対策 > トラネキサム酸とは

トラネキサム酸とは

トラネキサム酸は、よく歯槽膿漏の治療薬として使われている成分ですが、しみやそばかすに効く美白成分としも最近は注目されています。

しみやそばかすと言えば、紫外線が原因でできてしまうものが多いのですが、実はそれだけではなく、ホルモンバランスの乱れなどが原因でできる肝斑(かんぱん)というものがあります。

肝斑は、ホルモンバランスが乱れによる黄体ホルモンによってできてしまいますが、左右の目の下の頬骨に、対称に広がるのが特徴です。
妊娠を機に発生する人が多いようです。

肝斑を普通のしみやそばかすだと思って、一般的な美白をしても肝斑は紫外線が原因ではないので、消えてはくれません。
どんなに美白をしてもしみやそばかすが無くならないという人は、肝斑の恐れがあります。

そんな肝斑に効果があるのがトラネキサム酸です。
トラネキサム酸が肝斑の炎症を抑えるので、肝斑の色が薄くなってきて、やがて回りの肌となじんで分からなくなります。
トラネキサム酸は、 しみやそばかすにだけ作用するので、他の美白成分のように、まだらになる心配もありません。

トラネキサム酸は、肝斑の他にも老人性のしみやそばかすにも効果があります。
他の美白成分で効果がないという方は、是非試してみると良いでしょう。

 

▲サイトトップへ戻る

シミ そばかす 対策 化粧品編