TOPページ > レチノイン酸でそばかす対策< > レチノイン酸とは

レチノイン酸とは

レチノイン酸とは、ビタミンAの誘導体で、しわや美白の効果が高く、アメリカでは医薬品として認められている成分です。
最近は日本でも多くの美白化粧品などで使われるようになっています。

美白効果があるので、しみやそばかすの改善にもレチノイン酸は有効な成分なのですが、それは、レチノイン酸には 角質をはがし、表皮の細胞の分裂や増殖を活発化させ、肌を再生させるという作用があるからです。

古い角質がはがれて、新しい肌になるということは、表皮に居座っているしみやそばかすの元凶、メラニン色素を排出できるということなので、しみやそばかすが徐々に目立たなくなるわけです。

また、レチノイン酸は真皮に作用してコラーゲンやヒアルロン酸などの分泌を促進しますので、肌に潤いが戻り、しわやたるみを解消する働きもあります。

 

▲サイトトップへ戻る

シミ そばかす 対策 化粧品編