TOPページ > ケミカルピーリングでそばかす対策 > ケミカルピーリングとは

ケミカルピーリングとは

ケミカルピーリングとは、酸を使って肌の角質を剥がし、肌の再生能力を引き出す治療法で、皮膚科や美容整形外科などで受けることができます。
しみ、そばかすをはじめ、くすみやにきび痕、肌の若返りなどの効果があります。

ケミカルピーリングは、酸を使うため肌に対するリスクが大きいと言われていますが、最近では肌に優しいグリコール酸やクエン酸、乳酸、リンゴ酸などのフルーツ酸を使用していますので、随分とリスクは軽減されています。

以前は、酸に肌が負けて傷跡が残ってしまったり、赤くなってしまったり、かぶれたりなどのトラブルも起こりがちでしたが、最近はそのようなこともなくなっているようです。

ただし、ケミカルピーリングは 酸で、肌の古い角質を取ってしまうため、しばらくは肌の抵抗力が弱くなってしまうので、注意する必要があります。

特に紫外線にあたると、普段異常に日焼けしてしまいますので、紫外線対策は万全にしなければなりません。

 

▲サイトトップへ戻る

シミ そばかす 対策 化粧品編