TOPページ > プラセンタでそばかす対策 > プラセンタ療法とは

プラセンタ療法とは

スポンサードリンク



プラセンタ療法とは、胎盤から有効成分を抽出して、それを内服したり注射したりすることをいいます。

胎盤はご存知の通り、胎児を受精卵から育てる器官ですが、胎児の細胞を育てるうえで、胎盤では様々な細胞増殖因子やサイトカインが分泌されます。
それが、様々な病気の治療に効果をもたらします。

胎盤の有効成分を利用する治療は、更年期障害、肝機能障害、自律神経失調症、アトピー、喘息、十二指腸潰瘍などたくさんの病気に有効ですが、その他にも疲労や不眠、腰痛、肩こり、椎間板ヘルニア、肌荒れ、シミ、そばかすなどにも効果があります。

プラセンタ療法にはいくつかの方法がありますが、 主に皮下注射や点滴、内服などの方法がとられます。
どの治療法になるかは医師が診断のうえ、決定することになります。

プラセンタ療法はシミやそばかすの解消にも有効ですが、シミやそばかすの治療のためのプラセンタ療法は保険がききませんので、自費で治療を受けなければなりません。
治療費は病院で確認しましょう。

 

スポンサードリンク

▲サイトトップへ戻る

シミ そばかす 対策 化粧品編