TOPページ > Lシステインでそばかす対策 > Lシステインの副作用

Lシステインの副作用

LシステインはビタミンCと共にメラニン色素の生成を抑制する効果があり、美白にとても有効な成分です。
たくさんLシステインを摂って、早くしみやにきびを消したい。
そう思ってしまう人も少なくはないでしょう。

しかし、Lシステインを 多く摂取し過ぎると、活性酸素が多くなり過ぎてしまいますので、返って体の害になることが分かっています。
活性酸素はガンを始め、様々な病気の原因になったり、しみやそばかすなど肌のトラブルを招く原因になるなど、あらゆる体の不調を招くと言われています。

美しくなるためにLシステインを利用していたつもりが、体を壊してしまったということがないように、使用要領はきちんと守るようにしましょう。

また、Lシステインを摂取しすぎると、白髪が増えるという副作用も起こる場合があります。
それはビタミンC不足のせいだと言われていますので、LシステインはたっぷりのビタミンCと一緒に利用するようにしてください。

 

スポンサードリンク

▲サイトトップへ戻る

シミ そばかす 対策 化粧品編