TOPページ > アルブチンでそばかす対策 > アルブチンの効果

アルブチンの効果

アルブチンは、しみやそばかすの原因になっているメラニン色素を合成するチロシナーゼという酵素の働きを抑制して、メラニン色素が作り出されるのを阻害する作用がある成分です。

ですから、アルブチンにはしみやそばかすを薄くしたり、消したりする美白効果があります。

しかも、アルブチンは 肌の漂白剤として知られるハイドロキノンの糖誘導体ですので、その効果は非常に高いと言われています。

美白化粧品などにアルブチンが良く使われているのは、アルブチンの美白効果が、このようにとても高いからなのです。

アルブチンにはαーアルブチンとβーアルブチンがあります。
どちらも同じような作用がありますが、αーアルブチンの方がβーアルブチンよりもチロシナーゼに直接作用し、10倍の効果があることが分かっています。

しかも、アルブチンは優しく作用するので肌に負担をかけません。
ハイドロキノンの糖誘導体と聞くと、危険な成分のように感じますが、安心して使用することができる成分です。

 

▲サイトトップへ戻る

シミ そばかす 対策 化粧品編