TOPページ > アルブチンでそばかす対策 > アルブチンとは

アルブチンとは

アルブチンとは、お肌の漂白剤として知られているハイドロキノンの糖誘導体で、美白効果に優れている成分です。
しみやそばかすの原因となる メラニン色素を合成する役割があるチロシナーゼという酵素の働きを抑制する作用があります。

アルブチンにはαーアルブチンとβーアルブチンがあり、美白化粧品に使用されているのは主にβーアルブチンです。

βーアルブチンはウワウルシというハーブに含まれていて、古くから美白効果が高い成分として利用されてきました。

しかし、最近になって苔桃などに含まれるαーアルブチンがβーアルブチンよりも直接チロシナーゼに作用することや、チロシナーゼに対する作用がβーアルブチンの10倍以上も強いことなどが分かり、最近では様々な美白化粧品に使用されるようになってきています。

また、αーアルブチンはハイドロキノンのように肌に負担をかけることもありませんので、安心して使用でき、βーアルブチンと共に注目されている成分です。

 

▲サイトトップへ戻る

シミ そばかす 対策 化粧品編